スポンサーリンク

プロのライターとして安定して稼ぐーノマドワーカーとして生計を立てる方法

ウェブやプログラミングの知識がなくても、いきなりノマド的に稼ぐことができるのがウェブライターです。ウェブライターとはウェブ上のコンテンツ用記事を書く仕事ですので、パソコンとネット環境があればどこでも仕事をすることが可能です。

しかし、それだけで生計を立てることは可能なのでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウェブライターについて

ウェブライターというのは、ネットで公開されるサイトやブログ用の記事を書く仕事です。カッコよく言うと、サイトコンテンツの執筆ということになりますが、難しく聞こえて実は簡単な仕事です。作家や小説家のように、芸術的な文章を書くわけではなく、万人にわかりやすいように説明文やコラムを書く仕事が多いです。

ですから、ライター経験がない人にとっても比較的ハードルが低く、主婦や学生のちょっとしたお小遣い稼ぎとしても人気のあるお仕事です。

ウェブライターになる方法はいくつかありますが、クラウドソーシングという働き方であれば、ネット回線に接続できればどこにいても仕事をすることができます。まさにノマドにぴったりのお仕事です。しかも、専門的な知識もあまり必要とされませんので、いますぐノマドワーカーになりたい人にとっては、とてもとっつきやすい仕事といえるでしょう。



ウェブライターで生計を立てることは可能か

ウェブライターの仕事は案件も多く、プロとしてのスキルが求められる仕事から、未経験者歓迎という仕事まで、ピンキリです。もちろん報酬金額も差が激しく、初心者の場合、1000文字書いてもたった数百円にしかならないということが多いです。

つまりウェブライターとして生計を立てるのであれば、できるだけ報酬単価が高く作業時間を必要としない案件を数多くこなしていくことが必要となります。

ウェブライターの仕事を始めるには、クラウドソーシングのサイトに登録するのが簡単でしょう。登録は無料ですし、数分で登録できすぐに仕事を開始できるというサイトもあります。ライターとして登録しておきたいおすすめサイトは以下の記事で紹介しています。

 海外からアクセスできるライター未経験者OKの記事作成在宅ワーク

これらのサイトの中には、他の登録者が月にどれくらい稼いでいるかを公開しているサイトもあります。それを見れば、ライターという仕事でどこまで稼ぐことができるのか、なんとなくイメージがつかめると思います。



ウェブライターとして生計を立てるなら効率性が重要

ウェブライターとして生計を立てている人は少なくありません。しかし、多くの人が副業としてライターの仕事をしているのも事実です。ライターになるのは、敷居が低いですがプロとして本格的に稼ぐにはそれなりの経験が必要ですし、自分で仕事の案件を見極めて効率のよい仕事を定期的にとれるようにならなくてはいけません。

ライティングの仕事を紹介してくれるサイトの中には、文字単価の高い案件に絞ってあっせんしてくれるサイトもあります。登録にはテストライティングが必要ですが、力試しとして受けてみるのもよいでしょう。

 サグーライティングプラチナ