未経験者でもノマドライターになることはできる?

ノマドという働き方に憧れる人は多いです。しかし、ノマドになる方法はそれほど難しくありません。ノマドという働き方で、もっとも敷居が低いのはライターの仕事だと思います。もちろん、ライターでもプロとして極めようと思うとそれなりに努力が必要です。

未経験者でもノマドライターとしてやっていけるのかどうか、考えてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウェブライターという仕事

ライターというのは、「書く人」という意味ですが、日本語で近いのは「作家」ということになるでしょうか。

ライターにもいろいろな人がいますね。小説家や雑誌のコラムを書く人もライターですし、新聞記事を編集する人もライターといえるかもしれません。しかし、私がここで話題にしているのは、「ウェブライター」です。

ウェブライターというのは、その名の通り、ウェブ上のコンテンツや記事を書く人のことを指しています。

これだけネットが発達し、ウェブ上にはありとあらゆる情報があふれるようになりました。これらの記事を書くことを職業としているのがウェブライターです。



ウェブライターは未経験者でもできる

ウェブライターというと、難しいそうというイメージを持つ人も多いようです。他人様に読んでもらう記事を作成して原稿料をもらうのですから、「私の書いた文章でもいいのかな?」と思うのは当たり前かもしれません。

しかし、ウェブライティングで必要なのは、小説家のような芸術性でも新聞記者のような確実性でもありません。

普通の人が普通にわかりやすく書いた文章、これだけでも十分なんです。

例えば、学生時代にレポートを書いたことがある人や、会社のプレゼンテーションで資料をまとめたりすることが苦痛でない人であれば、ライター未経験でもりっぱにウェブライターとしてやっていけるでしょう。



ウェブライターは慢性的に人材不足

ノマドライターになるには、クラウドソーシングに登録するのが一番の近道です。無料登録できるサイトは、未経験者OKの記事作成在宅ワークという記事の中で紹介しています。

これらのサイトに登録してみればわかりますが、日々新しい仕事の募集が掲示板に追加されます。ウェブライターの世界は慢性的に人材不足なんです。

つまり、未経験者でもすぐに取り掛かれる仕事があふれているということです。複数のサイトに登録しておけば、自分の書きたい案件が見つからないということは、まずないでしょう。



未経験者にこそおすすめなノマドワーク

ノマドとして働く方法は、ライターだけではありません。しかし、未経験者でもすぐに仕事を見つけることができるウェブライターは、初心者だからこそおすすめしたい仕事なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク