スポンサーリンク

ウェブライター(クラウドライター)のメリットとデメリット

ウェブライターについては、以前の記事にも書きました。ウェブ上のコンテンツ記事を作成して報酬をもらう仕事です。ライターというと難しそうという印象を持つ人もいますが、実際には、ライター未経験の人でも気軽に始められるので、主婦の副業としても人気がある仕事です。

ウェブライターになる方法には、出版社などの社員となって記事を書くという方法もありますが、最近はネットを利用したクラウドソーシングでライターの仕事を見つける人も多くなりました。

クラウドソーシングに登録してライターの仕事を行う、クラウドライターについて書いてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クラウドライターとは

ウェブライターという仕事に関しては、以下の記事でも書いています。
 プロのライターとして安定して稼ぐーノマドワーカーとして生計を立てる方法

クラウドライターというのはウェブライターとしての働き方の一つです。ネットを利用してライティングの仕事案件を探したり執筆した記事を納品したりします。

ランサーズのようなクラウドソーシングのサイトに無料登録すれば、自分に合ったライティング案件を検索できます。



クラウドライターのメリット

クラウドライターとして働くことのメリットは、場所にしばられないことでしょう。仕事のやり取りも作業もネット上で行うので、ネット接続ができればどこでも仕事をすることができます。

また、勤務時間という縛りもありません。自分の好きな時に作業をすればよいので、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

ネット上ですべて完結することが可能ですから、他人と会うのが苦手な人や一人で黙々と作業することが好きな人に向いているお仕事です。



クラウドライターのデメリット

クラウドライターは自由で気楽なように思えますが、もちろんデメリットもあります。場所も時間も自由というのがクラウドライターの魅力ですが、その反面、仕事をして記事を納めなくては収入が発生しません。フリーランスや個人事業主と同じようなものですが、仕事をした分だけ報酬がもらえます。

ですから、作業の途中で病気になり、記事執筆を完了することができなければ、収入はゼロです。また通常報酬は記事1件につき、いくらと決まっていますので、記事作成に1時間かけても3時間かかっても報酬は同じ金額です。つまり、いかに自分で時間調整をするかが生産性に直接関係してきます。



クラウドライターで生計を立てるには経験が必要

クラウドライターは、未経験の人でも気軽に始めることができる仕事です。しかし、経験がないライターさんの報酬は低く、作業をしながらスキルアップしていくことが報酬アップの道になります。

また、慣れないうちは記事を1本書くのにも時間がかかります。記事単価が低いうえに仕事の効率も悪いというわけです。

これは、クラウドライターとして経験を積むしかありません。クラウドライターとして生計をたてるには、ライティングスキルを上げつつ、良い報酬額の高い仕事にも積極的に挑戦していくことが必要となります。

ノマドという働き方に憧れる人は多いです。しかし、ノマドになる方法はそれほど難しくありません。ノマドという働き方で、もっとも敷居が低いのはライ...
ノマドワーカーというのは、通常の会社員のように決まったオフィスや店舗のような「職場」を持ちません。ネットを使って仕事をするので、インターネッ...