作業、BGM、音楽、雑音

私が作業中に好きな音とBGM

こんにちは、ノマドです。

少し久しぶりの更新になってしまいました。今回は、私が作業中に効いているBGMや音について書いてみようかなと思います。


作業中のBGM

ノマドワーカーとして、ライティングやブログ運営で生計を立てています。そのため、仕事というとほとんどの時間をパソコンの前で過ごしています。

以前は、何も無音で作業していたんですが、最近はやはりBGMがあった方が集中できるような気がしています。

ノマドというのは、ネット環境さえあればどこにいても仕事ができるので、カフェなどで作業をする人も多いです。実際、カフェに行くと何となく集中できるような気がするんですよね。

あれは、どうしてなのかなと考えてみると、カフェのランダムな雑音やざわつき感が、意識を自分の集中すべきことへと集めてくれる働きがあるのかな、なんて思っています。


私が作業中に聞いている音と音楽

私の場合、自宅で作業することの方が多いのですが、その場合もカフェの音を聞きながら作業するのが好きです。

もちろん、作業に集中しやすい音というのは、人それぞれですので、私に共感してくれる人ばかりではないと思うのですが、自分の好きな音と音楽についてまとめてみたいと思います。

1.カフェの騒音

カフェの騒音は好きですね。他人の話し声、コーヒーカップなどの食器がぶつかる音、歩く音、椅子を引く音、ドアの開閉音などなど。

少しの騒音があると、自分の意識がパソコン作業へ焦点を合わせていくような気がします。

むかし、子供のころ、隣の部屋で大人たちの話し声を聞きながら眠りにつくのが好きでした。これと同じ感覚かもしれません。

2.雨の音

雨の音もいいです。激しく降る音は、耳の周りで膜かカーテンのようになって、外と遮断してくれるような錯覚に陥ります。

雪の音というのもありますが、ちょっとインパクトが足らないんですよね。なので、雨の音。雷の音が入っているのも、バリエーションとしておすすめです。

3.ビアノ音楽

最近お気に入りなのは、カフェの音に雨の音やタイピングの音を重ねて、さらにピアノ音楽をかえるという多重テクニックです。

音楽は人によって、かなり好みに差があると思います。アコースティックなものが好きな人もいれば、ジャズやボサノバ系が落ち着くという人、音楽はない方が好きという人、テクノ系が好きな人などなど。

自分にしっくりくるものを見つけるのが一番ですね!

私の場合は、ボサノバも好きですが、一番集中しやすいのはピアノジャズかもしれません。

といっても、かなり好みがうるさくて、自分で好きな音楽はYouTubeでお気に入り登録しています。作業中はそのお気に入りリストを流すことが多いです。

4.タイピングの音

これこれ! 実は今も聞いているんですが、パソコンのタイピングの音、とてもお気に入りです。

隣に同僚がいて、一緒に仕事しているみたい、笑。ノマドだけど、ちょっと孤独を感じなくてすみます。

これも、サイトでタイピングの音を探してみたんですが、なかなか奥が深い!

キーボードの種類によって、タイピングの音が違うということにあらためて気づきました。この音にも個人の好みがあるようですね。

私はどちらかというと、軽いタッチでキーボードが薄い感じの音が好きなようです。

他人のタイピングの音を聞いていると、自分も「早く仕事しなくちゃ!」という気分になり、効率性が上がります。これはホント。

特にオフィスではなく、一人で孤独に作業している人は一度試してみてください。YouTubeで検索すると、いくつかヒットします。

5.話し声

この話声というのは、カフェなどの騒音としてではなく、ラジオやポッドキャストなどの音声放送のことです。

テレビなど、視覚的なものは邪魔になることの方が多いのですが、話し声だけでだと、意外と作業がしやすくなります。でも、これも個人差があるかもしれませんね。

また、自分の頭を使わなくていいような単純作業(画像加工とか?)の場合は、音声を聞きながら、自分の知らなかった知識を取り入れることもできます。語学に興味がある人は、語学系のラジオを聞くというのもいいかも。

6.自然の音

これは、実は私にとってはあまり魅力的ではない音なんですが、都会にお住まいの人にはいいかもしれないと思って、つけたしておきます。

私の場合、住んでいる場所が田舎なので、鳥や虫の声、風の音などは、そのまま聞こえてきます。ですので、わざわざ音声素材として取り入れる必要もないわけです。

特にクリエイティブ系の仕事をしている人は、自然の音が好きという人は多いみたいです。