タイピング、ASMR

ASMRとは何か?気になったので調べてみた

先日、作業中に聞く音やBGMに関する記事を書きました。それに関連して、今日はASMRについて書いてみたいと思います。先日からいろいろな動画を探していて、その中で気になったのが「ASMR」というタグ。

これって、いったい何なの?


作業に集中するための音、タイピング

先日の記事にも書いていますが、私が仕事をするときに好きな音の一つがタイピングの音です。

私が作業中に好きな音とBGM

タイピングの音を聞いていると、となりで誰かが一緒に働いているような気がして、「自分もがんばらなきゃ」という気分になります。

動画サイトで「タイピング」と検索すると、いろいろな音の動画がヒットします。キーボードの種類によって、異なるタイピング音があり、意外と自分にも「好みのタイピング音」というものがあるということに気づかされます。

その中で、気になったのが、多くのタイピング音に「ASMR」というタグが付いているということ。

いったいこの「ASMR」って何なの?と思い、調べてみました。

ASMRとは

「ASMR」とは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略だそうです。ちょっと分かりにくい英語ですが、Autonomousというのは、「きっかけ」とか「トリガー」という意味で、「Meridian」というのは「オーガズム」の婉曲表現。

つまり、聞くと心地よく聞こえる音やきっかけ、トリガーのことを指しています。

これにぴったり当てはまる日本語訳はまだ確立されておりません。英語表現にしても、今でこそなんとなく「ASMR」に落ち着きましたが、以前は「脳のオーガズム」など、他の表現で表すことも多かったみたいですね。

聞くと心地よくなる音

ASMRというタグが付いている動画はたくさんあり、種類もさまざまです。

タイピング以外にも、耳かきの音、雨の音、雪が降る音、雨の中のドライブ、飛行機内の音、列車の中の音、ページをめくる音、図書館の音などなど。

人によって、どんな音で気持ちよさを感じるか個人差がありますので、いろいろ聞いて試してみるのもおもしろいと思います。

これらの音をかけっぱなしにしておくと、よく眠れるという人も多いらしく、ASMRのことを「睡眠音楽」や「よく眠れる音」と解釈することもあるようです。


集中したいときに活用しています

私の場合、脳が気持ちよくなるというよりも、集中力がアップするみたいなので、これらの音をかけておくことがあります。

特に雨の音や列車の揺れる音、タイピングの音などを、別ウインドウで開いて重ねて聞くのが好きです。

みなさんも集中したいときや眠りたいときには、試してみてはどうでしょうか。